ETFより投資信託がおすすめな理由4つ

資産運用

今回はETFと投資信託の違いを説明したうえで、なぜ私が投資信託を勧めるのかを説明します。

ETFと投資信託の比較

ETFと投資信託は似たようなものと言われています。では、どの点が違うのでしょうか。ふたつを比較してみました。

まず、上場しているかそうでないかですね。そのため、ETFは株取引のような自由な取引ができますが、投資信託は1日1回の基準価額より動きません。

また、運用方法ではETFはパッシブな取引が主ですが、投資信託はパッシブなものもあればアクティブ運用するものもあり、その点において手数料が平均的に割高になってしまいます。

私は投資信託は手数料が高いものとおもっていました。みなさんもそういったイメージがあると思います。今でも銀行の窓口で勧めてくる投資信託はかなり割高な手数料をとってきます。しかし、最近では信託報酬がETF並みに安いものも出てきました。

私が投資信託をお勧めする点

では、私が投資信託をお勧めする点を3つ紹介します。

1、1円単位で売買できる。

投資信託では楽天証券の場合、1円単位の売買が可能です。しかし、ETFは取引単位が決められているので、通常数千円から数万円の売買からになります。

例えばVOOを買おうと思えば最低3万円くらいの購入単価は必要なわけです。

これでも日本の個別株に比べるとだいぶ安い最低購入金額なんですけどね^^;日本の株では数十万からの売買ですからw

私は100万以下の少額投資家は投資信託のほうが、そのファンドに対するエクスプロージョンをより大きく受けられると思います。

2、投資信託報酬が0.1%以下のものが出てきた。

少し前までは日本の投資信託報酬は1%~でした。これは非常にETFに比べて割高です。

VTやVTIなどは運用手数料が0.05%とかですからね。だから数年前まではETF一択だったわけです。

しかし最近の投資信託は違います。

このeMAXIS Slim米国株式という投資信託はETFでいうとVOOと同じ動きをするものですが、なんと管理費用0.1%以下!

もうここまで下がれば本家とほとんど変わりませんね。

3、ETFは為替の変換手数料が高い。

これはETFの隠れたコストだと思います。ETFを買うにはまず日本円から米ドルへの変換が必要です。

下が楽天証券の円からドルへの為替手数料ですが、片道25pipです。

これはFXをしてる人ならかなり割高だとわかりますね。今やドル円は0.2pipのスプレッドが標準なのにここだけ10倍近くとってます。

なので、ドル円のレートが下がったときにあらかじめ円をドルにたくさん換えておくのが有効なのですが、ドルから円に換えるときもスプレッドが25pipかかるんです。

だったら、もう最初から円建てで投資信託をもつべきです。

4、外国の二重課税

海外ETFの分配益では二重課税が取られますが、譲渡益は二重課税がとられません。

海外株式の売却益は、原則、「租税条約」により外国では課税されません。しかし、配当金(分配金)は現地でも課税されているため、確定申告をしないと二重課税、つまり税金を支払いすぎていることになってしまいます。ただし、外国税額控除はご自身が払った所得税から還付される制度です。払った所得税がないと還付されないということになります。

米国株の分配金の場合、10%の現地課税があるので、日本の20%と合わせて30%も税金とられてしまいます。外国税額控除で確定申告をする際、取り戻すことはできますが、全額ではないですし、手間もかかります。

投資信託では二重課税調整により、自動的に外国税額控除ができるものが増えてきています。

投資信託等に係る二重課税調整について:楽天証券
2020年1月1日より施行の税制改正によって、内外での二重課税が生じないよう、投資信託等を経由して支払った外国所得税は、分配金に係る源泉所得税の額から控除できることとする調整措置がとられることとなりました。

二重課税調整の対象となるのは、外国資産(株式・不動産)に投資を行い、そこから生じた利益をもとに投資家に分配金を支払っている投資信託等です。

つまり10%の税金の分投資信託のほうがお得ですね。

おすすめETF、投資信託

ETFでは最近出てきた円建てで全世界に投資できるMAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信(2559)がおすすめです。

国内ETFでVTとほぼ同じ経費率で、円建てで全世界に投資できる相当優れたETFです。

円建てなので先ほど書いた為替手数料や二重課税もかかりません。今年1月に始まったばかりのETFで注目度抜群ですね。

投資信託ではeMAXIS Slim全世界株式ですね。米国株式のほうでもいいと思います。投資信託なので1円単位で売買できます。経費率0.11%です。

分配金はでないですが再投資してくれています^^

私はNISA枠の分だけでも、上二つのどちらかに投資すれば100点に近い投資ができると思います。

以上が私が投資信託をお勧めする点です。特に為替手数料はみなさんがあまり気にしない点だと思います。

コメント

  1. […] ETFより投資信託がおすすめな理由4つ今回はETFと投資信託の違いを説明したうえで、なぜ私が投資信託を勧めるのかを説明します。ETFと投資信託の比較ETFと投資信託は似たようなものと […]

  2. […] ETFより投資信託がおすすめな理由4つ今回はETFと投資信託の違いを説明したうえで、なぜ私が投資信託を勧めるのかを説明します。ETFと投資信託の比較ETFと投資信託は似たようなものと […]

  3. […] ETFより投資信託がおすすめな理由4つ今回はETFと投資信託の違いを説明したうえで、なぜ私が投資信託を勧めるのかを説明します。ETFと投資信託の比較ETFと投資信託は似たようなものと […]

タイトルとURLをコピーしました