【no more 交通違反】東京でよく違反をとられる場所と私がこれまで違反取られた場所10個

学習・自己管理

チクショー!またスピード違反取られた!今日の儲けが台無しだ!

タクシーやウーバーしている人に限らず、車を運転する人は少なからずこういった経験あるのではないでしょうか。

私は4年東京でタクシー運転手しており、ウーバーも2年しています。

そういう私もつい先日違反者講習を受けてきました。こういったことがないように自分の反省も含めて書きたいと思います。

取られた違反は数知れずですが、そんな私がこういった場所がよく違反取られてますよということを伝えます。

この記事でわかること

  • よく違反をとられる場所の特徴
  • 実際に私が違反を取られた場所10個
  • 違反取られやすい時期
  • 携帯所持のながら運転が厳罰化とその対策

違反を取られると1点に付き約6000円も違反金を払います。1年以内に6点貯まると1日講習で潰れる上に1万円ほどの講習費用も払うはめになります><

この記事を読む人はそんな損がないようにしてほしいと思います。

東京でよくスピード違反を取られる場所

そもそもスピード違反て何キロから取られるか知っていますか。

例外はあるかもしれませんが、99%は20km/h速度をオーバーしたら取られます。

なので、50km/hの制限道路なら70km/hを超えない限りまあ違反取られないです。

そしてスピード違反は圧倒的に橋とトンネルと高速道路が多いです。

佃大橋やその他の橋、環状2号線トンネルが特に多い印象ですね。

意外と一般道路では取られないですが、たまーに40km/hの道路で60km/hオーバーで走るとスピード違反で捕まる人います。ただこれはけっこう例外ですね。

橋に関してはどの橋も見られてると思った方がいいです。私は橋渡るときは絶対に70km/hは超えないようにしています。

東京に限らず千葉や埼玉、神奈川とかでも橋に関してはよく見られてます。

首都高は60km/h制限なので、80km/hを超えると一応捕まるリスクは出てきます。

ただ、経験上100km/h超えない限りは捕まらないです。(というか80km/hで走ってる人はまれですw)

もちろん例外はありますので、もしパトカーいたら絶対80km/h以上は出さないようにします。

以下の2点を気を付けるだけでスピード違反に関しては相当取られにくいと思います。

  • 橋・トンネルでは70km/h以上ださない
  • 高速道路では100km/h以上ださない

あと高速道路では覆面がおおいですね。割といい車が左車線で60km/hとかで走ってるとあやしいと思ってください。トラックの前に走ったりして見えにくくしてることも多いです。

実際に私が違反を取られた場所10個

私が違反を取られた場所を上げていきます。10個もあるのかよーと突っ込まれそうです。

確かにドライバーの中でも多いと思います^^;

そしてほとんどのケースが空車でお客さんを乗せてないときに違反取られてます。

意外となんですが、事故・違反は空車時が多いんです。

これはなぜかというと空車時のほうがお客さんを探したり早く繁華街に行こうとしたりで焦ってしまうからなんです。

もちろんお客さんがいきなり方向指示を変えてきて焦って違反してしまうケースもありますが、私はそういう指示は断れるタイプなのでないですね。

私の違反歴は以下の通りです。

  • 道玄坂Uターン違反 1点
  • 246のバス専用道路走行 2点
  • 大崎付近の矢印信号左折 2点
  • 高島屋付近の中央通り細い路地へ右折 見逃し
  • 新宿方南通りUターン 1点
  • 新橋付近の第一京浜Uターン 1点
  • 豊洲交差点直進矢印信号で左折 2点
  • 門前仲町のシール形式のパーキングの15分の駐停車違反 1点
  • 居住者専用道路をバイクで侵入 2点
  • 尾久駅前の明治通りを携帯所持運転 3点

大崎の矢印信号意外はすべて空車でした。

そして、これらの違反はほぼ私が焦っているときに起こっています。

反対車線にお客さんを見つけてUターンしたり、空車のタクシーが多くて右に曲がる代わりにUターンしたりですね。

ながら運転厳罰化

特にきついのが最後のながら運転です。

図の通り、携帯見ながら事故でも起こすと一発免停です。

そして携帯を見てるだけでも3点も取られます。

私の場合は、明治通りでした。信号も少なく、見晴らしのいい道路です。

歩道橋の上から警官が見張ってたらしく、3人態勢で捕まえにきました。この時は慣れない道なので、グーグルマップで銀座方面に戻る方法を調べていました。

3点なので、違反代も18000円!もう空車では絶対通らないですし、実車でこの付近を指示されるといやだなあと思ってしまいます。

ただ、対策もあります。

これはスマホを車に固定して、手で持たないようにすることです。

こういった形式のホルダーですと、エアコンの吹き出し口関係なく設置できるのでおすすめ!

手で保持してなければ、よほどのことない限り違反取らないです。

ただ、青信号なのに前に進まなかったりすると注視しているとみなされ違反とられますね。

東京でほぼ常に警官が見張ってる場所

また、東京にあまり来られてない方は次の3つはよく警官いるので気を付けてください。

六本木交差点

ここはとられやすいです。1年前くらいに黄色の実線が引かれて、左折専用レーンができました。

特に六本木通り下る方向から芋洗い坂に行く道があります。ここ、2車線目から行くと捕まります。左折専用レーンから行く必要があります。

下の図でいうと青色の進行するときですね。

しかし、六本木の左折レーンは歩行者も車も多いので、信号1回につき5台くらいしか進みませんw

なのでイライラして2車線目から行く人多いですが、違反なんで気を付けてください。

また、時間帯に限らず右折できない交差点なので、そこも注意が必要です。

四谷4丁目、札ノ辻、蓬莱橋交差点

この3つの交差点もまじで毎日捕まってる人見かけますね。

全部黄色の実線が引かれています。そして原付が二段階右折で捕まりやすいところです。

四谷4丁目はとくに四ツ谷駅から新宿どおりに入ろうとすると見た目上は直進にみえますが、これは右折になります。

そもそも右折レーンに入った時点で、黄色の実線も引かれているのでアウトです。

ほんと違反原付ホイホイの場所になります。

環状2号線からレンガ通りに入らずUターン

はい、ここもよく見ます。ここは深夜になると空車タクシーがレンガ通り埋め尽くすこと多いです。

なので、知らない乗用車があまりの空車にうっとなり、Uターンに変更します。

そこで、チャリ松登場ですw

ほんとノルマ達成することしか考えてない^^;

違反を取られやすい時期

交通課の警官は目標値という名のノルマがあるようです。

なので、違反取られやすい時期があります。

特にコロナで3,4,5月と車が走ってなくノルマ全く届いてないので今年の6月7月は相当厳しく見られてると思った方がいいですね。

また交通安全週間がある時期はそこら中に警官がいますw

4月と9月の中旬に1週間ずつしています。

そしてこの期間に目標値に届かない場合、その来週でも同じくらい厳しくやってることが多いので気を付けてくださいね。

私が個人的に思ってること

私は4年タクシーしていて、本当に交通課の警察はノルマ達成を意識してると感じます。

一時停止などで、私がきっちり止まると警官が横の警官につまんねーと言ってるのが聞こえたこともあります。

にやにやしながら(まるで鴨を見るかのように)ドライバーが違反しないか取り締まるような警官もいます。

私ではないですが、右折禁止の交差点で信号待ちで右折のウィンカー出している乗用車がいました。

そのとき交差点にいる警官は気付いてないふりをしてました。そして実際に右折してからあわてて気付いたふりして違反を取っていました。

これって意味ありますかね^^;本当に違反取り締まって事故減らしたいなら違反する前に注意しないとだめですよね。。

正直この仕組みを何か変える必要あるなあと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました