マインドマップ勉強法でインプット効率を3~10倍にする

学習・自己管理

似たようなタイトルがビジネス本とかでありそうですが、自分なりのアレンジを加えてます。

ここでいうインプットする内容は資格のこととします。もちろんそれぞれの悩みの解決法でも同じやり方でおkです。

YOUTUBEを教科書にする

さてやり方ですが、今の時代実はYOUTUBEにほぼすべての資格が勉強できるんです。

教科書なんて買いません。買うのは問題集だけです。

最速簿記 / 最速FP
最速簿記 / 最速FP は、大手資格予備校の元講師と公認会計士が運営する日商簿記検定初級・3級・2級とFP3級・FP2級のオンラインスクールです。 最速簿記 / 最速FP の通信講座では、試験の合格に必要なすべての教材(講義動画・テキスト・問題集・模擬試験問題など)を提供しています。 ◆講座の受講はメンバーシップから...

教科書は上のリンクのYOUTUBEで十分いけます。特定の資格でしかできないのが難点です^^;

もし、取りたい資格がなくても大体の資格はユーチューブ上に教科書となるような動画がある時代です。

悩みの場合も同じでYOUTUBE上で検索して5個くらい見たい動画をピックアップし1.5~2倍速で見ていきます。

話はもどりまして上の動画でFP3級のテキスト代わりにします。十分すぎるほど網羅されており、法律が変わったところもコメント欄を見ればだれかが言っててくれています。

神です。控えめに言ってもこれが無料なのは素晴らしすぎる。

この動画は1本10分くらいです。1.5倍くらいの再生速度にしてノートに箇条書きでばーっと大事なところを板書していきます。

アウトライナー的に箇条書きしていく

このアウトライナーというのは要は板書のことで、思考の深堀りやブレインダンプがしやすいです。

上の動画を聞きながら箇条書きしていくのを先にやって、あとでマインドマップで階層構造をはっきりさせるという方法がいいかなと思います。

いきなりマインドマップをするとどうしても構造がきになったり、ツールに使い慣れないと内省の深堀ができないと思います。

マインドマップで右脳を使う

次に何枚かの板書が作れたらマインドマップを作っていきます。動画を見ながらいきなりマインドマップを作ってもいいと思います。

基本的に勉強は論理的思考なので左脳を使いますが、実際に速読したり、長期記憶に残すときは右脳を使った方がいいといわれています。

マインドマップでは感覚的思考も刺激するのでより覚えやすいです。実際アメリカの研究でもマインドマップをノートにとりながら勉強すると認知機能が上がるといわれています。

そのとき曲線や絵、カラフルにつくっていくとかなり記憶に残りやすいです。

そしてそれをユーチューブの動画にあげて自分でプレゼンしていきます。

僕が見たところ、マインドマップで資格の勉強を説明している人はいません(いないよね??)なのでもしかしたらバズるかも?(笑)

実際に僕の動画です。プレゼンがへたくそw

プレゼンといっても基本読み上げるだけでもいいと思っています。ちょっとずつアレンジや自分が思ったことを加えていきます。

しかもこのマインドマップは全体を俯瞰し、それぞれの事象の関連付けができるのでさらに理解も深まりますね。

マインドマップの作り方

マインドマップで大事なのは階層構造です。

ある一つの概念が中心にあって、その概念にまつわる単語が3つあって、それぞれに3つあるなどなど。要は自分の知識の置き場所を教えるのが大事なんです。

この知識はどこの階層構造に入れるのが適切か??という問いかけ力が問われるのも特徴です。それで知識と知識の相関性がはっきりするから記憶に残ります。

そして単語ベースで書いていくのも意識したほうがいいでしょう。文章ベースで書いていくとほぼ板書みたいになってしまいます。

そうじゃなくてあくまで階層構造をはっきりさせるという目的で作るというイメージでするといいと思います。

そして絵を描くのもいいです。この絵を描くというのは重要なところを描くのもいいですが、自分が覚えられなかったところを描くと効果的です。

実際のマインドマップツールとしてはマイクロソフトホワイトボードというアプリがおすすめです。

ペンタブと対応していて、手書きのマインドマップをクラウド上のデータとして残せます。

FP3級挑戦します!

FP3級の資格を取りたいので、この方法で挑戦します。この資格は比較的簡単なので70時間くらいの勉強でいけるみたいです。(それでも一応国家資格)

ただし、この方法を使えば20時間くらいで合格ラインまでいけちゃいます。

動画が全部で690分。マインドマップ化で全体を俯瞰する図をいくつか作るのに3時間。

残りの7時間で過去問3年分くらい。

かかるお金は問題集代の1500円と電卓代。あわせて約3000円です。

実際のマインドマップを作ってみた。

こんな感じで日々のTODOもマインドマップで作ると便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました